LINE

湿布や電気だけでは、腰痛・ギックリ腰は治らない!?

多くの患者さんが、「急に腰が痛くなった」とか「今朝、ギックリ腰になった」とおっしゃいます。しかし、ほとんどの腰痛・ギックリ腰は、日ごろの悪い生活習慣の積み重ねによって起こります。

ですので、症状が出ているところに湿布をしたり、電気治療を施すだけでは、一時的に症状が治まっても、しばらくすると必ず痛みはぶり返します。生活習慣を改善しなければ、根本的に完治することはできません。

こんなお悩みはありませんか?

  • 何年も慢性的な腰痛がある
  • 立ち仕事なので腰がつらい
  • 腰が痛くて家事ができない
  • 歩き出すと腰が痛くなる
  • 足にだけシビレがある

1つでも当てはまる方は、
かない鍼灸接骨院にお任せください

かない鍼灸接骨院
4つの約束

  • 約束
    1
    延べ30万人以上の治療実績
  • 約束
    2
    心と身体の両方にアプローチ
  • 約束
    3
    最適な治療法の提供
  • 約束
    4
    出産に導く最新最良の施術

同じ症状でも、腰痛・ギックリ腰の原因は様々です。たとえば、ストレートネックなどの首に原因があっても、腰や背中が痛くなる方もいますし、股関節や足首に原因がある方もいます。

かない鍼灸接骨院
西宮院では、しっかりと検査を行い痛みの原因を突き止めます。症状の原因に応じて、手技やテーピング、鍼治療、運動療法による適切な治療を行うことで、症状が再発しない根本治療を目指します。

腰痛・ギックリ腰の原因について

腰椎椎間板(ようつい-ついかんばん)ヘルニア

腰痛・ギックリ腰治療の風景

もともとヘルニアとは、「脱出・突出」と言う意味で、「脱腸」のことをさします。腰椎椎間板ヘルニアは、腰の骨と骨との間にある軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛び出した状態のことをいいます。

腰椎椎間板ヘルニアが原因で腰痛・ギックリ腰が起こる場合、椎間板が飛び出し、神経を圧迫することで痛みが発生します。しかし、中にはレントゲンでははっきりと椎間板の脱出・突出が見られるのですが、痛みなどの症状が出ない方もいらっしゃいます。ですので、椎間板が脱出しているからといって、すなわち、それが腰痛の犯人だと断定することはできないのです。

脊柱管狭窄(せきちゅうかん-きょうさく)症

脊柱管狭窄を説明する風景

腰椎の中には脊柱管という細長いトンネルがあり、この中に脊髄が通っています。

加齢や何らかの腰の障害により、脊柱管が細くなることで、腰痛・ギックリ腰が起こると言われています。

年齢を重ねると誰でも脊柱管が次第に細くなってきます。症状が再発しないように、運動療法なども含めて、正しい処置と予防をすることが大切です。

腰痛の主な原因

  • 骨や筋肉の障害
  • 神経の障害やストレス
  • 内臓の病気
  • 女性ホルモンの変化 など

腰痛・ギックリ腰治療 動画のご紹介

腰痛治療第1回 橋本さん(仮名) 28歳 男性


腰痛 大腰筋を鍛えて転倒を予防しましょう


腰痛予防運動 総合編


かない鍼灸接骨院 西宮院 検査方法のご紹介

水毒・お血の検査

当院では身体の状態を水毒とお血に分けております。水毒とは水分の排泄異常、お血とは血液の循環障害の状態だとと考えられます。水毒とお血では身体の状態が違いますので、治療方法も変わります。毎回、ご来院のたびに検査を行い、身体に合った施術をしております。


かない鍼灸接骨院 西宮院 症例のご紹介

股関節形成不全による腰痛治療

西宮市 50代 女性

この方は、先天性の股関節形成不全により、腰痛などの症状が出ていました。医師からは人工骨の手術を勧められたそうです。

しかし、人工骨の手術をしたら、通常10〜15年に1回は骨の入れ替え手術をしなければいけません。非常に硬いセラミックの人工骨が、本来の骨を削ってしまうので、定期的に調整をする必要があるからです。50代の女性では、90歳までに3、4回も手術をする必要がありましたので、非常に不安に感じておられました。

そこで、テーピングと矯正による施術と運動療法を行いました。その結果、人工骨手術をしなくても、症状が改善されて、今では立ち仕事も問題なくできるようになりました。

患者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

かない鍼灸接骨院 西宮院 患者様の声

脊柱間狭窄症がとても楽に!

俳優 清水章吾 様

以前から脊柱間狭窄症で悩まれていた清水さん。雑誌「国際クラブ」の取材で当院に来られたのをきっかけに、治療を受けられました。腰の痛みがとても楽になったと喜んでいただきました。

清水章吾と金井院長

患者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。