LINE

投稿記事の一覧

便秘も改善すると、太りにくくなる?

2018年10月13日

便秘が慢性的になると太りやすい!

お正月、ゴールデンウイーク、お盆などのお休みは、本人の自覚のないままで、食生活が不規則になったり、食べ過ぎたりします。ダラダラと食べ続けること、運動不足になることは、便秘の要因になります。多忙なために食生活が不規則になり、便秘になった上に体重も増えたという20代の女性が当院に通院されています。お仕事は営業で、多忙のため、朝なかなか起きれず、朝食は抜きで、昼食はコンビニで買えるお菓子ですませることが多いそうです。食べたい時は、夜遅くたくさん食べる生活を続けられていたそうです。1週間お通じがないことが当たり前の、慢性的な便秘状態で、体が重く頭痛や肩こりの症状で当院に来院されました。食べる量は変わらないのに体重が3キロ増加されたそうです。腸の動きが悪くなると、余計なものまで吸収してしまったり、基礎代謝が落ちて太りやすくなったりという悪影響がおこります。

便秘になると、頭痛や肩こり、うつ状態になることもある!

規則正しい食生活をしている人の腸は、食事の刺激で定期的に腸が動く。不規則な食生活だと腸がリズムを崩し、正常に動かなくなる。腸を動かすエネルギーも使われなくなるため、基礎代謝が落ちて太りやすくなります。また便が大腸に詰まると、小腸に食べ物が溜まって余計なものまで吸収されるのです。ですから便秘になると、頭痛や肩こり、引きこもりがちの生活でうつ状態になることもあるので、注意が必要です。

腸に刺激を送る運動療法とマッサージ

この運動療法は、腸の動きを高め、リラックス作用により自律神経も安定させる働きがあります。まず、手首を半回転させ手の平を合わせる。立位のまま、肘を伸ばしたまま頭の上に両手をあげて上半身を前、後ろに倒す。左右にも曲げる。上半身の右回し、左回しも行います。便の詰まりやすい場所は「下行結腸」と「S状結腸」なので、お風呂の中で仰向けの姿勢で、指でトントンと腸を刺激すると腸が揺らされて刺激されます。多くの場合、翌日には便秘が改善されます。この秋の季節、おすすめレシピは、食物繊維を豊富に含む酒粕とキノコの鍋で身体を温まりますよ!「酒粕」は、料理に使うとコクが出たり旨みが増すなどの効果があり、体の中から健康・キレイになれる食品なのです。特に私は、いつもAmazonで、無添加の吟醸酒粕を購入しています。

自分で改善できる緊張型頭痛!

2018年10月13日

2種類の頭痛

頭痛は、大きく分けて病気が原因で起こるものと他の病気が原因でない頭痛に分けられます。病気が原因で起こる頭痛には、くも膜下出血、髄膜炎、脳腫瘍などのこわい病気が原因で起こっている場合あります。ですから激しい頭痛がある場合はすぐに専門の医療機関にご相談ください。また他の病気が原因でない頭痛には慢性頭痛である、脳の血管の炎症で起こる片頭痛や、首や肩の筋肉が緊張し血流が悪くなるために起こる緊張型頭痛があります。

片頭痛と

片頭痛はズキンズキンという痛みが目や頭に起き、数時間から3日間続きます。症状は吐き気をともない、光をまぶしく感じる、ことがあります。女性は男性の3~4倍発症しやすいそうです。暗い部屋で安静にし、痛みの出ている場所を冷やすと改善しやすいようです。一方緊張型頭痛は、男女問わず幅広い年代の人に起こり、全国で2000万人が経験しているとされる慢性頭痛です。この緊張型頭痛は、痛みの始まりと終わりがはっきりせず、ダラダラと続く男女問わず幅広い年代の人に起こります。後頭部など頭蓋の外の筋肉の緊張が原因で起こると考えられています。改善のためには筋肉の張りや凝りをほぐし、リラックスする、温めるなど、セルフケアが有効ですので、血流を改善する運動療法を行う事で症状が改善することをめざします。長時間同じ姿勢を続けるような時には、30分間隔ぐらいで運動療法を行い、筋肉の緊張を解消することが大切です。また帰宅後は、入浴や足湯などで身体を温めることも効果的です。

枕を見直す

頭から背中のを全体的に包み込み、しっかり支えることで、睡眠時の肩や首の痛みにつながる体の負担を軽減する枕の指導を当院では行っております。

首の運動療法

手を左側頭部にあて、ゆっくりと頭を右に傾けます。次に手を右側頭部にあて、ゆっくりと頭を左に傾けます。さらに後頭部に両手をあて、ゆっくりと頭を前に傾け、次にさらに前頭部に両手をあて、ゆっくりと頭を後に傾けます。同時に上半身も一緒に左右に倒したり、前に倒したり、後ろに反らしたりします。

肩の運動療法

イスに座り、大きく息を吸いながら両肩を上げて一気に力を抜きストンと落とします。1日に5~6回行います。また、緊張型の頭痛が起こっている最中に行っても大丈夫です。当院では、運動療法を行うと、自覚していなかった首や肩の緊張に気づかされたと、おっしゃる患者様が多くいらっしゃいます。

 

「寝る前の食事」「ダラダラ食い」はダメ!?

2018年10月12日

2種類の作用の違う「胃薬」

なんとなく胃が弱い、胃の調子が悪い、という人は日本人に多く、当院の患者様にもたくさんの方が胃痛でお困りです。胃痛の方の生活習慣や、身近でためになる内容をお伝えいたします。私自身もストレスが増えると、てきめんに胃にくるタイプです。胃の痛み、胃の焼ける感じがある人は、胃の働きを抑える薬であるH2ブロッカー、プロトンポンプ阻害薬などが効果的で、胃もたれ、すぐに満腹になるときは、胃の働きを活発にする薬であるセロトニン刺激薬、ドパミンD2阻害薬、漢方薬などが効果的です。

症状がでてから薬を飲んでも間に合わない?

薬は小腸で吸収されてから効果を発揮するため、時間がかかります。ですから吐きそうになったときや胃が痛いとき、焼けるような感じがするときは胃酸が原因になってため、すぐに出来る対策は?水を飲んで胃酸を中和するのが効果的なのです。逆に炭酸飲料は胃を膨らませて胃を刺激するため、逆効果となります。意外にシンプルな方法で良いのですよ。

また胃に優しい生活は、腹八分目を守ること。腹八分目だと胃が動きやすいですが、満腹になると胃が動きにくくなり消化機能が落ちます。さらにダラダラ食いも胃のリズムを乱しますし、寝る前3時間以内の食事もできるだけ避けてください。食べてからすぐ横になると胃酸が逆流しやすくなります。!特にうつぶせ寝は胃を圧迫するので避けましょう。どうしても食べてすぐ寝るときには、左側を下にして横になると胃の中身が逆流しにくく楽になりますよ。ぜひためしてくださいね。

 

外反母趾は、放っておくと進行する!?

2018年10月12日

外反母趾とは?

健康な足の親指は中足骨とその先の基節骨がほぼまっすぐにつながっています。外反母趾では、中足骨が体の内側を向き、基節骨は体の外側に曲がる。このため親指の付け根が出っ張り、靴に当たると痛みます。圧倒的に女性に多いが、男性の患者も全体の1割程度いらっしゃいます。もともとの足の幅、骨の向きなどの体質に加え、足に合わない靴やハイヒールなどの日常生活の負担が重なると発症します。

「軽度」「中等度」「重度」に分類

外反母趾角という角度によって「軽度」「中等度」「重度」に分類され、靴を履いているときに痛みや腫れが起こるのが「軽度」、痛みを伴うたこもできるたこができるのが「中等度」。さらに進行すると「重度」になり、第二趾が親指に圧迫されて脱臼し、立ったり歩いたりの動作にも支障を来すようになるそうです。放っておくとどんどん進行していくというので、軽い段階で専門の先生を受診することが大切なのですね。

進行を抑えて痛みを軽減するためには「足に合う靴を履く」「体操をする」「足底挿板を装着する」という3つの保存療法を早期から行うことが大切です。

「足に合う靴を履く」

足の指を自由に動かすことができるよう先端が広い靴、ひも靴。ヒールは5cm以内のものを選ぶ

「足底挿板を装着する」

足底挿板は、靴に入れて使うことで横のアーチを支え、足への負担を軽減します。当院では、症状の軽い方には簡易的なものをお奨めしております。しかし、足の形状に合わないものを使うとかえって痛みが悪化する事があるので、注意が必要です。専門の先生を受診し自分の足に合うものを選びましょう。さらに日常生活に支障を来す場合は手術が検討されます。長時間を要す手術ではないが、骨が固まるまでの2から3カ月間は、足の指先に負担をかけないよう安静が必要となります。

 

運動療法1「母趾外転筋訓練」足の裏にタオルをひいて、タオルを引き寄せてグーの形を作るように両脚の指を閉じてから、指に力を入れてパーの形に広げて10秒間静止し、元に戻しくり返します。

運動療法2「ホーマン体操」:両足を揃え、両足の親指にゴム(閉じたときにたるまない程度の長さ)をかける。かかとを合わせたまま、足先をできるだけ外側へ開き、元に戻す。痛い場合は無理をしないようにしてください。靴選びの見直しとともに、継続して毎日10回行ってください。

 

小児の食物アレルギーを治療する「経口免疫療法」

2018年10月12日

日本人で、何らかのアレルギーに罹っている人は3人に1人

食物アレルギーを持っている子どもは全体の約10パーセントで、アレルゲンが体内に取り込まれると、抗体が拒絶反応を引き起こし、体に激しい炎症を引き起こす。これまでは炎症を抑える対策しかなかった経口免疫療法とは、アレルゲンを口から食べてアレルギー反応を起こしにくくしていく治療法なのです。

小児の5日間の入院治療とは?

最初に、アレルギーを引き起こす食べ物をどれくらいまで食べられるかをテストします。すると食べた直後から、肌のかゆみ、腹痛、喉のかゆみ、呼吸困難や吐き気などが起こります。このアレルギー反応を症状に応じて手当てを行います。さらに同じ日の午後に再び起こった反応を見ながら再び許容範囲ギリギリの量を食べる、ということによって、原因物質を少しずつ取り込むことにより、あるとき小児の身体で反応を起こさない抗体が生まれ、増えていくことを狙うという入院治療です。ただ、これは完全な設備や専門の医師の管理下で行うことが鉄則で、効果にも個人差があるそうです。

経口免疫療法の注意点

完全な設備と専門の医師がいるところで、医師の指導のもとに受けることが絶対条件です。そして、専門の医師にほぼ治ったと診断された患者様は、小麦アレルギーが50%、卵アレルギーが38%、牛乳アレルギーが10%でした。アナフィラキシー症状を一時的に抑える注射「エピペン」が保険適になりました。アドレナリンにより気管を拡げ、血管を収縮させ注射です。重大なアレルギーがある人は持っておきたい。子どもも使うので、保育や教育現場でも接種方法を認識して置いて頂きたいと思います。食物アレルギーに罹っている子どもはおよそ10%。アナフィラキシーショックを起こすと死に至る場合もあるため、食生活からアレルゲン除去が欠かせませんが、これまでの治療法はアレルギー反応を引き起こした後の炎症を抑えるもので、抗体そのものに働きかけるのは難しかったそうです。新しい治療法として注目されている「経口免疫療法」是非安全に広まり今後、研究がさらに進むことが期待されます。