LINE

便秘も改善すると、太りにくくなる?

2018年10月13日

便秘が慢性的になると太りやすい!

お正月、ゴールデンウイーク、お盆などのお休みは、本人の自覚のないままで、食生活が不規則になったり、食べ過ぎたりします。ダラダラと食べ続けること、運動不足になることは、便秘の要因になります。多忙なために食生活が不規則になり、便秘になった上に体重も増えたという20代の女性が当院に通院されています。お仕事は営業で、多忙のため、朝なかなか起きれず、朝食は抜きで、昼食はコンビニで買えるお菓子ですませることが多いそうです。食べたい時は、夜遅くたくさん食べる生活を続けられていたそうです。1週間お通じがないことが当たり前の、慢性的な便秘状態で、体が重く頭痛や肩こりの症状で当院に来院されました。食べる量は変わらないのに体重が3キロ増加されたそうです。腸の動きが悪くなると、余計なものまで吸収してしまったり、基礎代謝が落ちて太りやすくなったりという悪影響がおこります。

便秘になると、頭痛や肩こり、うつ状態になることもある!

規則正しい食生活をしている人の腸は、食事の刺激で定期的に腸が動く。不規則な食生活だと腸がリズムを崩し、正常に動かなくなる。腸を動かすエネルギーも使われなくなるため、基礎代謝が落ちて太りやすくなります。また便が大腸に詰まると、小腸に食べ物が溜まって余計なものまで吸収されるのです。ですから便秘になると、頭痛や肩こり、引きこもりがちの生活でうつ状態になることもあるので、注意が必要です。

腸に刺激を送る運動療法とマッサージ

この運動療法は、腸の動きを高め、リラックス作用により自律神経も安定させる働きがあります。まず、手首を半回転させ手の平を合わせる。立位のまま、肘を伸ばしたまま頭の上に両手をあげて上半身を前、後ろに倒す。左右にも曲げる。上半身の右回し、左回しも行います。便の詰まりやすい場所は「下行結腸」と「S状結腸」なので、お風呂の中で仰向けの姿勢で、指でトントンと腸を刺激すると腸が揺らされて刺激されます。多くの場合、翌日には便秘が改善されます。この秋の季節、おすすめレシピは、食物繊維を豊富に含む酒粕とキノコの鍋で身体を温まりますよ!「酒粕」は、料理に使うとコクが出たり旨みが増すなどの効果があり、体の中から健康・キレイになれる食品なのです。特に私は、いつもAmazonで、無添加の吟醸酒粕を購入しています。

記事の一覧を見る ≫